2008 年 12 月 17 日 のアーカイブ

若い世代こそお抹茶

2008 年 12 月 17 日 水曜日

先日、若い女性二人連れが工場見学にお立ち寄りくださいました。お若い方のご来店は珍しい、そう思いつつ臼場をご案内し、ご説明。その中でお話を伺ってみると、なんとお二人とも抹茶が大好きで抹茶のお勉強をなさっているのだそうです。抹茶のことは好きなんだけれども、意外とわかっているようでわかっていないのだとしきりとうなずいてらっしゃいました。そのお話を聞いて私ども抹茶を提供する側の人間も、若い世代に対する「抹茶のPR」が足りてないのではないかと反省する気持ちになりました。「若い世代は抹茶やお茶を飲まない」は既に定説になりつつあるようですが、私はあえてこれに異議を唱えたいと思います。

正しくは「触れ合う機会がないので手が出しづらい」。核家族化が進み、身近に年配の方が減って「抹茶を点てる」場面が少なくなり、加えて茶道などのお作法 のイメージから「抹茶を点てて飲むのってなんだか敷居が高い・・・・」と思ってしまうのも無理からぬことではないでしょうか?しかし、若い世代が本当に抹茶が嫌いなら抹茶のスイーツがあんなに売れるわけがありません。「なんだかめんどうだ」というイメージが抹茶の敷居を一段高く見せてるのではないでしょうか。

しかし自分も体験して思うのですが、抹茶を点てるのは実は意外と簡単なのです。誤解を恐れず言うならば、コーヒーを淹れるより数倍楽でございます。私榊原は一時期コーヒーにとてもハマった時期がありまして(ハマりやすいのです)いろんな種類のレギュラーコーヒーを自分で淹れることにものすごく力を注いでおりました。ゆっくり丁寧に蒸らして抽出して・・・一滴一滴・・・時間がかかるんですね。おいしいんですけど、手間がかかる(当時はこの手間をかけた分だけおいしくなるんだと自己暗示をかけていましたが)。もちろん今でもコーヒーも大好きですけれど、一度お抹茶を点てる手軽さに比べたら・・・・雲泥の差があると思っています。

お抹茶は茶杓1杯半、(スプーンなら小さじ1杯)にお湯を注ぎ茶筅でシャシャッと点てるだけ。本当に簡単なんです。インスタントコーヒーをお湯で溶かすのと全く変わりありません。それにお抹茶ならばコーヒーで摂取できないミネラルもビタミンも食物繊維も取れてしまうんです。若い女性が飲むようなサプリメントに入ってる美容成分が抹茶にはたっぷり含まれているんですよ。こう考えれば、抹茶は日本が誇る美容成分たっぷりのインスタント食品かもしれませんね。そもそも抹茶は美味しく飲めればそれが一番なのです。お茶は「客人をもてなす心」から始まっているのですから、おいしいお抹茶が飲んでいただければそれで十分なのです。作法やお行儀はお茶会などで気をつけていただいて、まずはお抹茶をご自宅でフランクに味わうところからはじめてみてはいかがでしょうか?葵製茶がそのお手伝いができればと考えております。