放射能の影響についてのご報告【3】


愛知県産荒茶の放射性物質検査についての第2報が、愛知県より発表されました。

先日6月14日に県内茶産地9市町のうち5市(西尾市・豊田市・豊橋市・新城市・田原市)の検査結果が公表されましたが、残る4市町分の検査結果が発表されました。

安城市

放射性セシウム 10.6ベクレル/kg   放射性ヨウ素 検出されず

岡崎市

放射性セシウム 157ベクレル/kg   放射性ヨウ素 検出されず

設楽町

放射性セシウム 69.2ベクレル/kg   放射性ヨウ素 検出されず

東栄町

放射性セシウム 165ベクレル/kg   放射性ヨウ素 検出されず

上記の通り、追加で検査された4市町すべてが暫定規制値以下であり、公表済みの5市分と併せ、県内茶産地すべてのお茶の安全が確認されました。

葵製茶でもこれからも引き続き放射能検査を行い、随時皆様に報告してまいります。