抹茶の点てかた

  • 乾いた器に2gの抹茶を入れます
    (茶杓に1杯半、茶杓がなければティースプーンに軽く1杯)
  • 茶筅の先で抹茶のダマを簡単に潰してください。
    (篩缶があれば、漉した方がダマのないなめらかな抹茶が点てられます)
  • 熱湯を一度器にとって冷まし(目安70℃~80℃程)抹茶を入れた器に注ぎます。
  • 片手で茶碗を支えながら、湯と抹茶がよく混ざるよう”m”の字を描くイメージ で茶筅を素早く動かして下さい。
  • きめ細かい泡が真ん中が盛り上がるくらいまでかき混ぜ、最後にそっと”の”の字を書いた後、静かにひきあげます。

抹茶の点てかた動画

抹茶の点てかたを動画でご覧になれます。

お茶の淹れ方

  • よく沸騰させたお湯を、別の器にとるなどして冷まします。
    (玉露・煎茶は50℃~60℃、かりがねは80℃~90℃が適当)
  • 3人分で大さじ2杯を目安として茶葉を急須にいれます。
  • 適温まで冷ましたお湯を茶葉にかぶるくらいの量で注ぎ、葉が開くまで少し時間をおきます(玉露・煎茶は3分、かりがねは1分)。
  • 目安の時間まで置いたあと、湯飲みに均等にそそぎ分けます濃さの差が出ないように、1番・2番・3番と注いだ後、次は3番・2番・1番の順番に淹れます。
  • 全て注ぎきったあと、お湯をもう一度急須にいれます。この際のお湯は1回目より熱いお湯を淹れるのがコツです。
  • 2回目はやや短めに時間を置き、もう一度同じように順番に湯飲みに注ぎ分けます。
  • 最後まで注ぎきった際に、きちんと急須をふってなるべく最後の一滴まで出すのがポイントです。これを行うと2回目のお茶を淹れたときに、美味しく飲めます。